リフォーム業者の見積もり料金に差がある訳とは

リフォームの見積もり、どうしてこんなに違うのか?

+アルファも忘れずに

工期を確認しましょう

リフォーム場所を分類すると、次のようなものがあります。
キッチン・浴室・トイレ・洗面所・居間・寝室・子ども部屋・階段・廊下・玄関・外装・屋根・エクステリアなどです。

また、家そのものを大きく改装する場合もありますが、新築の家を買ったり建てたり、引っ越したりするよりは安くできます。
工事個所にもよりますが、足場を組むような工事になる場合には、足場だけで30万円前後の費用がかかります。

工事中、住んだまま過ごせるのか、一時的にでもアパート暮らしをするのか?
一時的な利用でも敷金や家賃がかかります。
家具などはどこに置けば良いのか、リフォームに支障がない部屋に移動させたり、レンタル倉庫を利用すれば、予算外の費用がかかるものです。

いずれにせよ、工事そのものだけで予算を立てるのではなく、工事に伴う諸経費を含めて、余裕のある予算を組む必要があります。

リフォームの心理的作用

汚れたままの物を使っていると、汚れが目立たなくなってきているので、掃除が行き届いていないことがあります。
リフォームすると、設置時のきれいな状態を保ちたいために、掃除や手入れが丁寧になることがあります。

キッチンの使い勝手が良くなると、料理をすることに意欲が湧いてくることがあります。
お風呂を大きい浴槽に変えると、手足を伸ばせるようになって疲れがとれやすくなったり、親子で入っても余裕があることでしょう。
居間に家族が集まり、コミュニケーションが良くなる場合もあります。

工事に伴う騒音や振動について、工事を始める前に業者が挨拶まわりをしてくれるのが通常です。
もちろん、ご自身でも、道で会ったときや顔を合わせたときに、挨拶するのも大事です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る